おばちゃんの記録。おばレコ。

主人と私と息子2人の生活記録。

映画【ボヘミアン・ラプソディ】感想。泣きました~、もう1回観たい!

先日、中学1年生の次男と一緒に「ボヘミアン・ラプソディ」を映画館で観てきた。

すごく観たかった映画。

友達から絶対観るべし。とすすすめられていた。

 

パパは映画館とかで寝たりする(昔の話だけど)ので、一緒にいきたくない。

貴重なお金がもったいない。

そこで、音楽好きな次男と一緒にいくことにした。

 

本当はIMAXで観ることをすすめられたのだが、私が予約しようとした日は、満席になっていた・・・。残念。今回は標準で観ることにした。

もっと早く予約しておけばよかった。

 

年とって涙腺ゆるい私は、映画館に向かう時、「あ、ハンカチ忘れちゃった」と引き返そうとしたら、次男に「歌の映画だから、泣かないでしょ。」って言われ、そっかそっか。と納得し、そのまま映画館へ。

私自身、どんな映画かよく理解していなかった。

クィーンの曲を大音響で聞きにいくような気持ちでしかいなかったのだ。

 

これが大失敗。

感動感動感動。

 

ネタバレになるので、内容には触れないが、中盤から泣いてしまい・・・。

トレーナーの袖をひっぱって、懸命に涙を拭く私。

 

最初に泣き始めたのは実は次男!

鼻をすする音がして、ふと隣を見たら、涙をダーダー流してた。

 

それを見たら、なんか私もダァーっと。

 

飲み物とか飲んで、少し落ち着いてたところに終盤に向けて、またダァーっと。

ここからは最後のシーン、ライブが終わるまで涙腺崩壊。

 

もちろんクィーンの曲は私の年代であれば、知ってて当然だし、フレディ・マーキュリーのことも知っている。

そんな私が泣くのはわかるけど、中学生がこんなに泣くなんて本当にびっくりした。

 

映画が終わって、「なんで泣いたの?」と次男に質問してみた。

「フレディがかわいそうだった。とにかくさみしそうだった。」

「最後のライブシーンは感動した。すごすぎて鳥肌たって、曲がすごくよくて・・・なんで自分が泣いちゃうのかわからなかったけど、涙がとまらなかった。」

という感想だった。

 

私も、この映画には色々考えさせられる問題が出てきて、なにかやるせない空虚感みたいなものを感じ、最初は悲しくて泣いていたのだが、最後のライブシーンでフレディやすべての人が報われているような、前向きなエネルギーをひたすら感じ、涙が止まらなかったのだと思う。

  

もう映画を見終わったあと、ずーーーーっと頭の中はクィーンの音楽が流れていた。

もう1回、今度はIMAXで観たい!

次は絶対タオル持参で!

※私たち親子は号泣だったが、私の反対側隣に座っていた人たちは誰も泣いていなかった・・・。

事実と違うという声もあるようだが、これは映画でドキュメンタリーではない。

ここは理解しておいた方がいい点かも。

映画は観る人によって感じ方が違うので、まだ観ていない人はフラットな気持ちで観てほしい。

 

Bohemian Rhapsody

Bohemian Rhapsody

  • クイーン
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

  

Bohemian Rhapsody (The Original Soundtrack)

Bohemian Rhapsody (The Original Soundtrack)

  • クイーン
  • サウンドトラック
  • ¥1900

 AmazonUnlimitedでもこのサントラが全曲聴ける~♪

嬉しい~☆彡

申し込み

「3カ月99円聴き放題」は期間限定で2019年1月4日までに登録が必要。

→→→お申し込みはこちらから

 

www.homerecord22.net